ちょうこくどっとこむ店長日記

しど彫刻は、「ちょうこくどっとこむ」を運営しています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 万田酵素でネギは太くなるのか? | main | 爆速なるか?HDDからSSDに装換。 >>

部屋にLED一体型蛍光灯を増設する

0

    JUGEMテーマ:節電



    先日購入したLED蛍光灯、とっても気に入って、作業場の蛍光灯を増やす事にしました。
    細かい作業が多いので、出来るだけ明るい方がはかどるのです。

    電球
    この2箇所の丸い電球を付け替えようかと思いましたが、減らすのはもったいないので。

    電源
    1つ使っていない電球?何かの電源があったので、こちらを電源もとに使おうかと思いましたが。。

    電源
    テスターを使いながら、繋がっている壁スイッチを探して、スイッチ入れると100V。

    電源
    スイッチを切っても30V位の電圧がきています。
    ちょっと自分には、わけが分かりません。

    仕方なく、既存の蛍光灯から分岐することにしました。


    一体型蛍光灯
    一体型LED蛍光灯。
    薄くて軽いです。これ1本で蛍光灯2本分の明るさらしいです。
    一体型なので、壊れたり切れると、丸々替えないといけませんが、
    LEDなので、長持ちすると信じています。

    設置の方法が決定したので、早速ホームセンターで部材を購入。
    部材
    1.6mmの単線とステップル、追加した蛍光灯を単独でON/OFFしたいので、スイッチも購入しました。

    3Pコネクター
    あと、これは持っていたのですが、3Pコネクター。
    刺すだけで結線、分岐ができるので、接続に便利です。

    使った工具は、ワイヤーストリッパー、電工ナイフ、ラジオペンチ、ニッパ、ドライバー、金づちぐらいでしょうか。ワイヤーストリッパー、電工ナイフは、線の被覆を剥がすのに使いますが、しっかりしたカッターでも代用出来ると思います。
    電気工事士の資格が必要な作業のようなので、ある程度は電気の知識があった方が良いかもしれません。
    一応、電気工事士の資格は持っているのです。
    難しい時は、LED蛍光灯にコンセントの先を付けて、延長のテーブルタップに繋ぐというのもありです。


    既存蛍光灯
    電源を取ってくる既存の蛍光灯を外したところです。
    前回、LED電灯に変えた蛍光灯なので、安定器を外して、直結しています。
    赤丸が安定器。2灯式なので、2個あります。

    ここから電源を取ります。
    電源
    予備の電源端子が空いていたので、線を刺すだけ。簡単に取ることが出来ました。

    配線
    既存の蛍光灯を戻して、見た目悪いですが露出配線です。

    スイッチ
    間にスイッチをかまします。

    切り欠き
    一体型LED蛍光灯の本体ですが、露出配線用にはなっておらず、裏から線を出すスペースがありません。
    一部をニッパで切って、切り欠きを入れ、線を出すスペースを作ります。

    取付け金具
    本体を取り付ける金具を設置。ぺらぺらの金具です。ビス1本で止めるだけ。金具は2箇所つけます。
    本体が軽いので、この程度の金具でも問題なく付くようです。
    あとは本体をパコッとはめこむだけです。
    本体と金具はスライドするので、少し狭めの間隔で金具を付けると、
    多少横方向の設置位置を自由に変えれますね。

    LED蛍光灯設置
    こんな感じで設置完了。
    今回は2個設置しました。
    楽しかったです。

    LED蛍光灯点灯
    点けるとこんな感じです。
    とっても明るくなったのですが、写真で撮ると光量が調整されて、実際の明るさが分かりにくいですね。
    かなり明るいです。

    また、次々にLEDに変えていきたいと思うところです。






    今日のお買い物 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    MOBILE
    qrcode